企業価値向上を阻害する課題

企業価値向上を阻害する課題
戦略
IT
業務プロセス
人・組織
  • 企業価値向上や業績向上を実現していくための、実効的な戦略が立案できない。
  • 市場や顧客ニーズの変化に対応できていない、どうすべきか分からない。
  • 戦略・目標が実現できない、何が原因(阻害要因)で実現できないのか分からない。
  • 戦略を実行するための人材や資金の調達が思うようにできない。
  • 意思決定に必要な情報が現場からタイムリーに集約できず、意思決定に遅れが生じている。
  • 戦略や業務の変化に情報システムが追いついていない
  • 経営判断や部門としての意思決定に必要な情報の集約・作成に時間と人手がかかっている。
  • 個別業務のシステムがつぎはぎで構成されており、データ連携ができていない
  • ITを活用した顧客管理や販売促進ができていない
  • 戦略や業務の変化に情報システムが追いついていない。
  • 経営判断や部門としての意思決定に必要な情報の集約・作成に時間と人手がかかっている。
  • 個別業務のシステムがつぎはぎで構成されており、データ連携ができていない。
  • ITを活用した顧客管理や販売促進ができていない。
  • 戦略・目標の達成に適した形態の組織となっていない。
  • 部門の役割・権限が不明確で、責任の所在が明らかではない。
  • 業務・システムの変化に対する抵抗がある。
  • 業務の進捗状況・達成度を把握するための業績評価指標がない。
  • 上記の業績評価指標に基づく、適切なマネジメントが行なわれていない。
一般的に、企業経営における各種課題については、以下の「戦略」、「業務プロセス」、「IT(情報システム)」、「人・組織」の4つの視点で整理することができます。企業の課題には様々なものがありますが、一面的なアプローチでの解決では問題の根本的な解決は困難であり、以下の4つの視点から取り組むことが必要です。